会社設立 鳥取 行政書士

株式会社を安く早く設立します!

起業はスピードが肝心 今すぐお電話ください!TEL 0857−30−5619

 

電子定款作成・認証一式  35,000円(税別)

 

株式会社設立手続き一式  80,000円(税別)〜

 

設立手続き一式は登記まで含めた金額です。登記申請は提携する司法書士が行います。登記申請をご自分でされる場合は、法務局のコチラのページを参考にしてください。株式会社の登記申請

 

(運営事務所) 中尾泰雅行政書士事務所     会社に役立つホームページはコチラ
〒680-0061 鳥取県鳥取市立川町5丁目197−1
FAX 0857−30−5622
E-mail info@welcome1000.com

株式会社設立のポイント (安く・早く・スムーズにする方法)

電子定款だと4万円の収入印紙が必要ありません。(4万円節約できます)

従来どおりの紙の定款だと定款に4万円の収入印紙を貼らなければいけないことになっています。電子定款だとこの収入印紙が必要ありません。もちろん、認証を受けた紙の定款謄本は公証役場で取得できます。登記申請の際にはこの謄本を添付します。

 

電子定款作成と認証は、慣れた行政書士に任せた方が安心で安上りです。

電子定款の作成と認証は、自分でする場合は専用のソフトを買ってインターネットを使って面倒な操作をしなければなりません。また、公証役場とのやりとりもしなければなりません。慣れないと難しく時間とお金もかかりますので、慣れた行政書士に任せた方が安心で却って安上りです。

 

定款の認証さえ済めば、あとは登記申請だけです。

株式会社の設立で一番手間がかかるのが電子定款の作成と認証です。これさえ済めばあとは法務局に必要な書類を揃えて登記申請するだけです。

 

登記申請は、ご自分でもできます。

登記申請の書類作成は、法務局のホームページで様式がダウンロードでき申請手続きの方法も載っています。また、出来上がった書類は、申請する法務局の無料の登記相談を利用してチェックしてもらえば良いです。問題がなければその場で申請できます。(この登記相談を利用すればスムーズに申請できますのでおススメです。法務局としてはむしろこれを利用してもらいたいようです。)

 

登記申請についてはコチラ

株式会社設立までの流れ

 

出資者と役員の個人の印鑑証明書を用意(法人が出資者の場合には+会社謄本)

 

会社名をインターネット登記情報で調査(同じ商号が登記されていないかどうか)

 

会社実印の発注

 

定款案の作成

 

その他の書類一式作成

 

資本金の振込作業

振込後、通帳の表紙・振込の記載のあるページの写しを「払い込みがあったことを証する書面」と合綴する。

公証役場で定款認証(認証済み定款謄本を必要部数取得)

 

登記申請(登記申請日が会社設立日となる)

法務局の審査約1週間から10日

登記完了

 

法人口座開設・税務署・年金事務所等への届出

株式会社設立に必要なもの

電子定款作成・認証のとき

発起人の印鑑証明(定款認証の日から逆算して3か月以内のもの)
公証人認証手数料 50,000円
認証済み定款謄本代 約2000円

 

登記申請のとき

(発起人と役員が同一人で設立する場合)
登記申請書
認証済み定款謄本
払い込みがあったことを証する書面

通帳のコピーを合綴したもの

発起人決定書 2通
代表取締役の選定書
印鑑証明書

代表取締役分、登記申請日前3か月以内のもの 1通

登記すべき事項(CD−ROM)
印鑑届出書
印鑑カード交付申請書
登記事項証明書(会社謄本)・印鑑証明書交付申請書
登録免許税 最低150,000円

登録免許税は資本金額×7/1000で算出し1,000円未満は切り捨てます。150,000円未満の場合は150,000円になります。

 

(発起人以外の役員がいる場合)

発起人以外の役員の就任承諾書

実印押印、取締役および代表取締役の印鑑証明書添付。監査役は不要。

 

(現物出資がある場合)

財産引継書
取締役・監査役の調査報告書
資本金の額の計上に関する証明書

 

(現物出資が500万円を超える場合)

税理士等の証明書

有価証券を現物出資する場合で、取引所の相場がわかる書類を出せば不要

不動産鑑定士の鑑定評価書

現物出資財産に不動産がある場合に必要です。